【インテリア雑貨】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・インテリア雑貨LPの役割を知りたい
・インテリア雑貨LPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【インテリア雑貨】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント






インテリア雑貨LP(ランディングページ)の役割


インテリア雑貨における、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①商品の魅力をユーザーに知ってもらう

LP(ランディングページ)から商品の購入へと繋げるため、ユーザーに商品の魅力メリットを伝えることで、購買意欲を高めることが大切です。

例えばインテリア雑貨の場合、機能紹介・カラーバリエーション・使用イメージなどを載せて、ユーザーに欲しいと思ってもらえる工夫が必要です。

LP(ランディングページ)の各コンテンツで商品の魅力をしっかりとアピールすることが、購入へと繋がっていきます。

>>LP(ランディングページ)の役割とは?出来る事って何?分かりやすく解説!


②ユーザーを購入などのコンバージョンへと繋げる

LP(ランディングページ)の主要な役割として、ユーザーを購入お問い合わせなどの行動アクションへと繋げる、いわゆるコンバージョンの役目があります。

ユーザーを上手くコンバージョンへと繋げるためには、LP(ランディングページ)のコンテンツ設計が大切になります。

LP制作の前に、どんなコンテンツをどの順番で並べるかを考える必要があります。

>>【LP制作】LP(ランディングページ)に必要なストーリー設計を解説



インテリア雑貨LP(ランディングページ)制作の4つのポイント


インテリア雑貨LPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ファーストビューが重要!イメージを想起させられるかが鍵

ファーストビューは、ユーザーが一番最初に目にする部分のため、ここでどれだけ興味を持ってもらえるかが重要になります。

どんな時に使い、どんな利益をもたらしてくれそうな商品なのかを、ユーザーがパッと見ただけで想起させられるかが鍵となります。

具体的にファーストビューには、商品イメージ写真・ペルソナ像の人物写真・背景・キャッチコピー・実績・端的に表現した機能効果などを見栄え良く配置させることが大事です。

>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!


②商品のこだわりや特徴を説明するパートを設ける

ユーザーは全くどんな商品なのかを理解していないという前提で、分かりやすく商品説明をすることが重要になります。

ただ文章だけ書かれていても見づらいだけになってしまうため、商品画像を入れたり、改行やポイントとなる部分を太字にするなどの工夫をする必要があります。

具体的にインテリア雑貨LPの場合、どんな時に使用するのか・ユーザーにメリットとなるどんな特徴があるのか・使い方の手順・イメージ写真・カラーバリエーションの種類などが挙げられます。

>>【解説】LP(ランディングページ)の最適な長さとは?


③お悩み訴求でユーザーの興味・共感を誘う

LP(ランディングページ)の冒頭に設置されることが多い「お悩み訴求」は、LPにおける鉄板要素の一つになります。

どんな悩みを持った人にメリットをもたらす商品なのかを可視化させることで、ユーザーに「自分にも関係のある商品だ」と思ってもらえ興味・共感に繋がります。

具体的なお悩み提示方法として、箇条書きや人物写真の周りに吹き出しで表記しているパターンがあります。

お悩み訴求は、実際にターゲットとしている人物がどんな悩みを抱えているかを明確にする必要があるため、事前のターゲット設定(ペルソナ設定)が大事になります。

>>【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説


④お客様の声や販売実績・レビュー評価を大々的に見せるパートを設ける

こういったインテリア雑貨などの商品系LPの場合には、商品説明だけでなく第三者の評価・意見もコンバージョンアップに有力なコンテンツになります。

実際に使用したユーザーの口コミは、購入を検討している人にとって貴重な参考となります。

評価数が高い場合や、良い口コミがズラッと並んでいた場合は、商品に対する信頼性や期待値が上がり、ユーザーの購買意欲をより引き立てることができるでしょう。

>>【解説】LP(ランディングページ)にお客様の声を載せるメリット・信頼性順位






まとめ


今回の、まとめは以下になります。

インテリア雑貨LP(ランディングページ)の役割は、
①商品の魅力をユーザーに知ってもらう
②ユーザーを購入などのコンバージョンへと繋げる

インテリア雑貨LP(ランディングページ)制作における4つのポイントは、
①ファーストビューが重要!イメージを想起させられるかが鍵
②商品のこだわりや特徴を説明するパートを設ける
③お悩み訴求でユーザーの興味・共感を誘う
④お客様の声や販売実績・レビュー評価を大々的に見せるパートを設ける


以上が、今回のまとめになります。

インテリア雑貨LPでは、ユーザーにどれだけ商品イメージを想起させられるかが鍵となりますので、魅力的な写真や文章を効果的に使い、コンバージョンに繋げていきましょう。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!