【有料テンプレート】LP(ランディングページ)をワードプレスのLIQUID LPで簡単に作成する方法!


本記事の内容は、

・ワードプレスのテーマを使ってLP(ランディングページ)を作成したい
・LP(ランディングページ)に特化したワードプレスのテーマを知りたい
・実際にワードプレスでのLP(ランディングページ)の作成方法を知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【有料テンプレート】LP(ランディングページ)をワードプレスのLIQUID LPで簡単に作成する方法!



LP(ランディングページ)をワードプレスのLIQUID LPで簡単に作成する方法


LIQUID LP(リキッドエルピー)とは?

レスポンシブ対応のワードプレス有料テーマになります。

日本語対応高品質WordPressテーマ


デモページはこちらです!

購入後は、誰でも簡単にLP(ランディングページ)をワードプレスで作成することができます。
商品買い切り型と全商品使い放題型(年間サブスクリプション型)があります。

ランディングページ制作には、LIQUID LP(リキッドエルピー)というテーマを使用します。
買い切り型の金額は、税別9,900円(10,890円)となっています。


導入手順を画像付きで解説

それでは実際に、導入~作成方法について解説いたします。


日本語対応高品質WordPressテーマ


①上記URLより、LPを選択します。



②ダウンロードを選択します。



③カートに入れるを選択します。



④お支払いに進みます。



⑤お支払い情報を記入していきます。



⑥お支払い方法も選択したら、下の注文するを押します。



⑦購入が完了したら、赤枠の所からダウンロードを行います。
※ダウンロード期限があるので、早めに行いましょう。


⑧ワードプレスの「外観」→「テーマ」から、「新規追加」を押します。



⑨テーマのアップロードより、ダウンロードしたzipフォルダ「liqiod-lp.zip」を選択かドラッグ&ドロップします。
今すぐインストールを選択して、インストールが完了したら有効化します。



⑩トップ画面はこの様な感じです。ページサンプルをインポートして利用することができます。
こちらを参考に、zipファイルを解凍したら「.xml」ファイルをワードプレスにインポートします。


⑪インポートすると、固定ページのサンプルが複製して使用出来るようになります。



⑫複製する際は、固定ページを編集に行きコピーを行います。



⑬右上のオプションから、「すべてのコンテンツをコピー」をクリックします。
固定ページを「新規作成」し、貼り付けたら複製完了です。
続いては、トップページを変更してみます。



⑭まずは、使用するサンプルページを公開します。



⑮「設定」→「表示設定」から、「ホームページの表示」を「固定ページ」にし、公開したサンプルページを選びます。
選択したら、変更を保存します。



⑯これで、トップページがサンプルページになったので、カスタマイズでオリジナルのLPを作成していきます。



⑰ヘッダー画像を変更する方法は、「固定ページを編集」から背景をクリックし、「置換」→「アップロード」を選択します。



⑱更新を押します。



⑲トップ画像が変わりました。



ここまでサンプルのヘッダー画像を変えただけですが、こんな感じになります!↓

デモページはこちらです!


この様に、誰でも簡単に作成できるのが分かると思います。


まとめ


今回は、LP(ランディングページ)をワードプレスの有料テンプレート「LIQUID LP(リキッドエルピー)」で簡単に作成する方法について解説をいたしました。
本記事が少しでもLP(ランディングページ)をワードプレスで自作したいと思ってる方のご参考になりましたら幸いです。



ワードプレスでLP(ランディングページ)を無料作成する方法についても、以下の記事で解説しておりますので、ご興味がある方は参考にしてみてください!↓



こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!


ワードプレスで簡単にLPが作成可能なLIQUID LPはこちらから↓

WordPressテーマならLIQUID PRESS




ワードプレスでおすすめなエックスサーバーの解説記事はこちら↓