【企業向け人材紹介】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・企業向け人材紹介LPの役割を知りたい
・企業向け人材紹介LPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【企業向け人材紹介】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント






企業向け人材紹介LP(ランディングページ)の役割


企業向け人材紹介における、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①企業向け人材紹介を利用するメリットをユーザーに知ってもらう

LP(ランディングページ)から上手くコンバージョンへと繋げるためには、人材紹介を利用するメリットを知ってもらうことが不可欠です。

企業向け人材紹介LPの場合、無料相談・最短〇営業日で派遣可能・全国〇万人が登録などユーザーのメリットとなる情報を与えることがコンバージョンに効果的です。

そのためにまずは、ターゲットとしているユーザーが何にメリットを感じるかを理解することが大切です。

>>LP(ランディングページ)の役割とは?出来る事って何?分かりやすく解説!


②ユーザーをお見積りなどのコンバージョンへと繋げる

LP(ランディングページ)の主要な役割として、ユーザーを設定したゴールへと導く、いわゆるコンバージョンの役目があります。

企業向け人材紹介LPの場合、Webお見積りお問い合わせをゴールとして、LP(ランディングページ)を制作すると良いでしょう。

ユーザーを上手くコンバージョンへと繋げるためには、どのコンテンツをどういう順番で見せていくのかという、コンテンツ設計(ストーリー設計)が大切です。

>>【LP制作】LP(ランディングページ)に必要なストーリー設計を解説



企業向け人材紹介LP(ランディングページ)制作の4つのポイント


企業向け人材紹介LPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ファーストビューが肝!ユーザーのメリットになる情報を入れる

LP(ランディングぺージ)にユーザーが訪れた際、一番最初に見える部分がファーストビューになり、最も重要なコンテンツです。

企業向け人材紹介LPのファーストビューに入れるべき要素として、人物写真・キャッチコピー・実績・お問い合わせボタンが挙げられます。

人物写真は、実際に対象となるようなペルソナ像をイメージとして使いましょう。

キャッチコピーは、例えば「求める人材、必ず見つかります!」といった、ユーザーにとってメリットとなる様な内容を分かりやすく伝えるのが望ましいです。

実績は、サイトに登録している人数や、最短何日で派遣可能かなどが挙げられます。

>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!


②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容を盛り込む

LP(ランディングページ)にて、ユーザーを上手くコンバージョンへ誘導するには、実施しているキャンペーンを軸にするのが一般的です。

例えば企業向け人材紹介LPの場合、1か月無料トライアル・無料Web見積もり・Web最短1営業日以内で回答など、ユーザーがメリットに感じる内容を軸に訴求するのが良いでしょう。

まずは、ターゲットとなるユーザーに一歩行動をさせることが大切です。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


③LP冒頭では、お悩み訴求でユーザーの興味・関心を引く

LP(ランディングページ)の冒頭に設置されることが多い「お悩み訴求」は、ユーザーの興味・関心を引きやすいコンテンツになります。

興味を持ってもらえることで、後のコンテンツも読んでもらいやすくなり、コンバージョンの可能性が高まります。

企業向け人材紹介LPの場合、例えば短期間だけ人がほしい・業務経験がないと難しい・応募者が少ないなどが挙げられます。

ターゲットとしているユーザーがどんな悩みを持ち、どんな解決を望んでいるのかを明確にすることが、お悩み訴求でユーザーの心に刺さりやすくするポイントになります。

>>【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説


④派遣導入までの流れ、最短何営業日で派遣可能かも入れるとベスト

LP(ランディングページ)におけるコンテンツの一つとして、「ご利用の流れ(派遣導入の流れ)」を入れることが重要です。

このコンテンツを入れる際は、最短何営業日で派遣可能かも入れられるとベストです。

例えば、①お問い合わせ~⑤就業スタートの様に何ステップで済むのかが分かるようにしましょう。

ステップ数があまりにも多くなりすぎると、めんどうだなと思われかねないため注意が必要ですが、実際にある工程を省いて記載するのは止めましょう。

>>【解説】LP(ランディングページ)の最適な長さとは?






まとめ


今回の、まとめは以下になります。

企業向け人材紹介LP(ランディングページ)の役割は、
①企業向け人材紹介を利用するメリットをユーザーに知ってもらう
②ユーザーをお見積りなどのコンバージョンへと繋げる

企業向け人材紹介LP(ランディングページ)制作における4つのポイントは、
①ファーストビューが肝!ユーザーのメリットになる情報を入れる
②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容を盛り込む
③LP冒頭では、お悩み訴求でユーザーの興味・関心を引く
④派遣導入までの流れ、最短何営業日で派遣可能かも入れるとベスト



以上が、今回のまとめになります。

コンバージョンアップに向けて、ぜひ今回の内容を参考程度に取り入れてみてください。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!


おすすめ記事
⇒【2021年最新版】LP(ランディングページ)の おすすめ作成方法6選!【無料から有料まで】