【税理士事務所】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・税理士事務所LPの役割を知りたい
・税理士事務所LPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【税理士事務所】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント






税理士事務所LP(ランディングページ)の役割


税理士事務所における、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①税理士事務所を利用するメリットをユーザーに知ってもらう

LP(ランディングページ)で上手くコンバージョンへと繋げるためには、訪れたユーザーに対して、税理士事務所を利用するメリットを訴求する必要があります。

例えば税理士事務所LPの場合、初回相談無料・面倒な手続きを代行・地元の士業と連携し、お悩み解決・成果報酬型などが挙げられます。

ターゲットとしているユーザーが、何に対してメリットを感じるのかを理解しておくことが大切です。

>>LP(ランディングページ)の役割とは?出来る事って何?分かりやすく解説!


②ユーザーをお問い合わせなどのコンバージョンへと繋げる

LP(ランディングページ)の主要な役割として、ユーザーをある目的(例えば、お問い合わせなど)へと誘導する、いわゆるコンバージョンの役目があります。

税理士事務所LPの場合、メールや電話での初回相談やお問い合わせなどが挙げられます。

コンバージョンへと繋げるためには、ユーザーにサービスや商品に対して興味・関心を抱いてもらうことが不可欠です。

そのために、どんなコンテンツをどのような順序で見せていくかという、コンテンツ設計(ストーリー設計)が重要になります。

>>【LP制作】LP(ランディングページ)に必要なストーリー設計を解説



税理士事務所LP(ランディングページ)制作の4つのポイント


税理士事務所LPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ファーストビューが肝!人物写真を入れて信頼性アップ

ユーザーがLP(ランディングページ)を訪れた際、一番最初に見える部分がファーストビューになるため、超重要コンテンツになります。

税理士事務所LPの場合は、人物写真を入れることで信頼性に繋がりやすくなります。

また、キャッチコピーはシンプルに内容を分かりやすく伝えることをが大切です。

例えば、めんどうな相続手続きは全部お任せ下さい!・相続に関するご相談は〇〇税理士事務所へ!など、ユーザーにメリットとなる内容をコピーにしましょう。
出来れば、数字実績を入れると訴求力がアップするのでおすすめです。

>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!


②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容を盛り込む

LP(ランディングページ)からコンバージョンへ繋げるためには、実施しているキャンペーンなどを軸にお問い合わせへと誘導していくのが一般的です。

例えば税理士事務所LPの場合、初回無料相談のパターンが多く見られます。

まずは、ターゲットとしているユーザーに一歩行動をさせるということが大切になるため、初回無料相談は得策と言えるでしょう。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


③LP冒頭での「お悩み訴求」でユーザーの興味・関心を引かせる

LP(ランディングページ)の冒頭に配置されるのが一般的な「お悩み訴求」は、ユーザーの興味・関心を引かせるのに、持ってこいのコンテンツとなります。

序盤で興味・関心を引かせられることで、後のコンテンツも読んでもらいやすくなり、有利な展開へと繋げやすく出来ます。

例えば税理士事務所LPの場合、面倒な手続きは誰かにしてもらいたい・相続税を少しでも安く済ませたい・身近に相談できる人がいないなどが挙げられます。

することで、ユーザーの心に刺さりやすいお悩み訴求にすることが出来ます。

>>【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説


④選ばれる理由またはサービスのポイントを分かりやすくまとめる

税理士事務所LPにおいて重要なのは、専門的なことであっても初心者にも分かりやすく説明することです。

まずはどんなサービスなのか、選ばれる理由またはサービスのポイントをまとめるパートを作ることをおすすめします。

例えば、完全無料で利用可能・登録税理士〇名以上・累計実績〇万件以上・財産受け取りまでサポートなど、どんなサービスなのか特徴をまとめると分かりやすくなります。

少しでも分かりやすくなるように、イラストや図などを入れるのも良いでしょう。

>>【解説】LP(ランディングページ)の最適な長さとは?






まとめ


今回の、まとめは以下になります。

税理士事務所LP(ランディングページ)の役割は、
①税理士事務所を利用するメリットをユーザーに知ってもらう
②ユーザーをお問い合わせなどのコンバージョンへと繋げる

税理士事務所LP(ランディングページ)制作における4つのポイントは、
①ファーストビューが肝、人物写真を入れて信頼性アップ
②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容を盛り込む
③LP冒頭での「お悩み訴求」でユーザーの興味・関心を引かせる
④選ばれる理由またはサービスのポイントを分かりやすくまとめる


以上が、今回のまとめになります。

コンバージョンアップに向けて、ぜひ今回の内容を参考程度に取り入れてみてください。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!