【老人ホーム】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・老人ホームLPの役割を知りたい
・老人ホームLPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【老人ホーム】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント






老人ホームLP(ランディングページ)の役割


老人ホームにおける、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①老人ホームを利用するメリットをユーザーに知ってもらう

LP(ランディングページ)では新規顧客をターゲットに、老人ホームを利用するメリットを訴求していくことが重要です。

例えば老人ホームLPの場合、どのようなサービスを享受できるか・料金プラン・どのような設備がある施設か・どんな体制を整えているかなどが挙げられます。

ユーザーがぜひここに任せたいと思えるようなメリットを、きちんとユーザーに訴求していくことが大切です。

>>LP(ランディングページ)の役割とは?出来る事って何?分かりやすく解説!


②ユーザーをお申し込みなどのコンバージョンへと繋げる

LP(ランディングページ)の主要な役割として、ユーザーをお申し込みなどのある目的へと繋げる、いわゆるコンバージョンの役目があります。

老人ホームLPの場合、新規顧客をターゲットに資料請求説明会などへと繋げるパターンが挙げられます。

ユーザーをコンバージョンへと繋げるためには、LP(ランディングページ)のコンテンツ設計(ストーリー設計)が重要になります。

>>【LP制作】LP(ランディングページ)に必要なストーリー設計を解説



老人ホームLP(ランディングページ)制作の4つのポイント


老人ホームLPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ファーストビューが肝心!施設のイメージが伝わる雰囲気作りをする

LP(ランディングページ)で一番重要なコンテンツとなるのが、ファーストビューになります。
なぜならユーザーがページを訪れた際に、一番最初に飛び込んでくる部分になるためです。

ここでユーザーに興味を持ってもらえなければ、あっさり離脱されてしまいます。

老人ホームLPのファーストビューにおいて重要なことは、ターゲットのユーザーにどんな雰囲気の施設なのか、イメージを想起させることです。

そのため、温かみのある雰囲気背景に自然の緑を取り入れたイメージ写真を取り入れると良いでしょう。

またページ自体が老人ホームのことだと分かるように、高齢者やスタッフのイメージ写真を入れるのも大切です。

キャッチコピーは、施設の特徴やメリットを表した言葉を入れるようにしましょう。

それ以外にも、お問い合わせボタンや電話番号も入れると、コンバージョンに繋がる可能性が高まります。

>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!


②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容を盛り込む

LP(ランディングページ)を制作する際は、実施しているキャンペーンを軸にコンバージョンへと繋げていくのが一般的です。

例えば老人ホームLPの場合、無料相談会・無料資料請求・「(例)老人ホームの選び方」小冊子プレゼントなどが挙げられます。

ターゲットのユーザーに、まずは取り合えずお問い合わせだけでもしてみようと思わせられるかが大切です。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


③選ばれる理由を盛り込む

老人ホームLPにおすすめのコンテンツとして、「選ばれる理由」が挙げられます。

どんな特徴を持った施設なのかを端的に伝えることができるためです。

例えば、スタッフの雰囲気や対応・高齢者に優しい空間作り・24時間見守り体制・認知症ケアなど、施設の特徴やメリットを挙げると良いでしょう。

このコンテンツでは、ポイントを絞って分かりやすく説明をするようにしましょう。

また、ターゲットとしているユーザーがどんなことで悩み、どんな解決を望んでいるのかを明確にすることで、適切な訴求ができるようになります。

>>【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説


④ご利用までの流れを説明する

「ご利用までの流れ」パートも、老人ホームLPにおいておすすめのコンテンツとなります。

アイコンや画像を使いながら例えば、①資料請求~④ご契約のように説明していくのが良いでしょう。

ここでのポイントとして、あまり段階を多くしない方が良いということが挙げられます。
あまり段階を多くし過ぎると、ユーザーに面倒くさいなと思われてしまいかねないからです。

だからといって、本当に必要な流れの説明を省いたりするのだけはやめましょう。

>>ランディングページ(LP)の構成要素をまとめました『鉄板要素はコレだ!』






まとめ


今回の、まとめは以下になります。

老人ホームLP(ランディングページ)の役割は、
①老人ホームを利用するメリットをユーザーに知ってもらう
②ユーザーをお申し込みなどのコンバージョンへと繋げる

老人ホームLP(ランディングページ)制作における4つのポイントは、
①ファーストビューが肝心、施設のイメージが伝わる雰囲気作りをする
②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容を盛り込む
③選ばれる理由を盛り込む
④ご利用までの流れを説明する


以上が、今回のまとめになります。

コンバージョンアップに向けて、ぜひ今回の内容を参考程度に取り入れてみてください。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!