【歯科・デンタルクリニック】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・歯科・デンタルクリニックLPの役割を知りたい
・歯科・デンタルクリニックLPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【歯科・デンタルクリニック】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント



歯科・デンタルクリニックLP(ランディングページ)の役割


デンタルクリニックにおける、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①デンタルクリニックを利用するメリットをユーザーに知ってもらう

LP(ランディングページ)を訪れたユーザーに、デンタルクリニックを利用するメリットを理解してもらうことが、コンバージョンに繋げる上で重要となります。

数多くのデンタルクリニックがある中で、少しでもユーザーに目を引いてもらうためには、どんな治療を行っているのか・歯列矯正を行っているか・お店や医師の雰囲気などユーザーにメリットとなる情報を見せることが大切です。

>>LP(ランディングページ)の役割とは?出来る事って何?分かりやすく解説!


②ユーザーをお申し込みなどのコンバージョンへと繋げる

LP(ランディングページ)は、ユーザーをお申し込みなどある目的へと繋げる、いわゆるコンバージョンのために制作します。

歯科・デンタルクリニックLPの場合、新規顧客をターゲットに無料相談やお申し込みへと繋げるのが目的で制作されるケースが一般的です。

ユーザーを上手くコンバージョンへ繋げるためには、LP(ランディングページ)におけるコンテンツ設計が重要になります。

>>【LP制作】LP(ランディングページ)に必要なストーリー設計を解説



歯科・デンタルクリニックLP(ランディングページ)制作の4つのポイント


歯科・デンタルクリニックLPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ファーストビューが重要!クリニックの雰囲気や最安料金を提示する

LP(ランディングページ)へとユーザーが訪れた際、一番最初に飛び込んでくるのがファーストビューになるため、最重要コンテンツとなります。

歯科・デンタルクリニックLPでのファーストビューでは、クリニックの雰囲気が伝わる写真で、ユーザーにイメージを想起させることが大切です。

また、歯列矯正やホワイトニングなど具体的な金額があるものに関しては、最安料金を提示しておくと良いです。

またファーストビューには、ユーザーの関心を引くシンプルなキャッチコピー実績も入れるべき要素になります。

>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!


②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容(無ければ、魅力的なパワーワード)を盛り込む

LP(ランディングページ)において、ユーザーをうまくコンバージョンへと繋げるために、実施しているキャンペーンなどを軸にお申し込みへユーザーを導くことが重要です。

例えば歯科・デンタルクリニックLPの場合、無料相談・ホワイトニング初回照射無料・クーポンなどが上げれます。

またキャンペーン以外にも、ユーザーにとって魅力的なパワーワードをお申し込みボタン周辺に入れると効果的です。

例えば、24時間予約可能・当日受付OK・限定(特別)価格・今だけ・無料などが挙げられます。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


③お悩み訴求でユーザーの興味・関心を引く

LP(ランディングページ)の冒頭にて、ユーザーの興味・関心に繋げる上でおすすめなのが「お悩み訴求」になります。

お悩み訴求をすることで、ユーザーに「これは自分に関係のあることだ」と思ってもらえることが出来れば、興味に繋がりやすくなります。

例えば歯科・デンタルクリニックLPの場合、仕事で忙しく歯医者になかなか行けない・笑う時につい口元を隠してしまう・歯並びに自信がない・歯の色が気になって自信をもって笑えないなどが挙げられます。

お悩みの提示方法として、箇条書きや人物写真の周りに吹き出しで提示するパターンがあります。

LP(ランディングページ)制作をする前段階として、ユーザーがどんな悩みを抱えていて、何を解決できるのかという、ターゲット像を明確にする必要があります。

>>【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説


④よくある質問を入れて、情報の不備を補う

LP(ランディングページ)の鉄板要素でもある「よくある質問」は、歯科・デンタルクリニックLPにおいてもおすすめコンテンツの一つです。

LP(ランディングページ)の後半パートにおいて、今までの前半パートでは説明しきれなかった部分を、ユーザーの疑問に答える形で補うことが出来ます。

実際にユーザーからよくもらう疑問を項目に入れることで、質の高いQ&Aにすることができます。

例えば歯科・デンタルクリニックLPの場合、無料カウンセリング後そのまま施術できますか?・何回くらいで白くなるのですか?・痛みはありますか?などが挙げられます。

ユーザーにとって最適な質問項目を入れるようにしましょう。

>>ランディングページ(LP)の構成要素をまとめました『鉄板要素はコレだ!』






まとめ


今回の、まとめは以下になります。

歯科・デンタルクリニックLP(ランディングページ)の役割は、
①デンタルクリニックを利用するメリットをユーザーに知ってもらう
②ユーザーをお申し込みなどのコンバージョンへと繋げる

歯科・デンタルクリニックLP(ランディングページ)制作における4つのポイントは、
①ファーストビューが重要!クリニックの雰囲気や最安料金を提示する
②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容(無ければ、魅力的なパワーワード)を盛り込む
③お悩み訴求でユーザーの興味・関心を引く
④よくある質問を入れて、情報の不備を補う


以上が、今回のまとめになります。

コンバージョンアップに向けて、ぜひ今回の内容を取り入れてみてください。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!