【建設会社】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・建設会社LPの役割を知りたい
・建設会社LPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【建設会社】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント






建設会社LP(ランディングページ)の役割


建設会社における、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①ユーザーがこの会社に依頼したいと感じる「メリット」を知ってもらう

LP(ランディングページ)に訪問したユーザーに、この会社に依頼をしたいと思ってもらうためには、購買意欲を促すことが大切です。

購買意欲を促すためには、この会社を選ぶメリットを知ってもらう必要があります。
例えば建設会社LPの場合、実績がある・他店よりも値段が安い・質が高いなどの例が挙げられます。


②ユーザーを「お問い合わせ」や「お申し込み」などに誘導する

LP(ランディングページ)を通して、ユーザーをゴール(お問い合わせ、お申し込みなど)へと導く役割になります。

コンバージョンと呼びますが、建設会社LPの具体例として、お問い合わせ・お見積りなどが挙げられます。

ゴールを明確に設定した上で、コンテンツを作成していくことが重要です。



建設会社LP(ランディングページ)制作の4つのポイント


建設会社LPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ファーストビューを最重視する

ユーザーがLP(ランディングページ)を訪問した際に、一番最初に目にするのがファーストビューになります。

ファーストビューが魅力的でなかったり、ユーザーの興味をそそることが出来なければ、あっという間に離脱されてしまいます。

ファーストビューに載せるものとしては、キャッチコピー・イメージ素材・お問い合わせボタン・実績等になります。

サービス内容が分かりやすいキャッチコピーや雰囲気が伝わるイメージ素材を使用しましょう。

>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!


②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容(無ければ、魅力的なパワーワード)を盛り込む

コンバージョンに繋げていく上で、お申し込みボタン周辺の作りが大事になってきます。
なぜなら、LP(ランディングページ)においてユーザーが唯一アクションを起こせる部分が、お申し込みボタンやお問い合わせボタンだからです。

お申し込み率を上げるためには、お申し込みボタン周辺にキャンペーン内容を記載します。

例えば建設会社LPの場合、無料カタログ・クオカード・クーポン券・期間限定割引などが挙げられますが、会社毎に実施しているキャンペーンがあればそれを打ち出して良いでしょう。

キャンペーン内容の他に、ユーザーにとってメリットとなる様な、無料・限定・割引・特典などの魅力的なパワーワードを入れるのも、コンバージョンアップに効果的です。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


③こだわりや、サービスの特徴などを分かりやすく説明する

他の会社にはない強みや、サービスの特徴を分かりやすく説明しましょう。

数字実績は大きな説得力を生みますので、そちらがある場合は説明に交えると効果的です。

自社の売りとなるポイントを押し出すことで、その会社を選びたくなる必然性を作ることができます。

適切な訴求ポイントを見極め、ユーザーにぜひこの会社にお願いしたいと思ってもらえるようにしましょう。


④よくある質問を取り入れて、内容の不備を補う

よくある質問を入れることで、LP(ランディングページ)における情報の網羅性を上げることができるため、ぜひ取り入れたい要素になります。

LPの上部コンテンツで説明してきた内容に加えて、下部コンテンツによくある質問を入れることで、ユーザーが実際に抱えやすい疑問に答えつつ、情報の不備を補うことができるため一石二鳥です。

建設会社LPの場合、例えば施工期間・具体的なサービスの流れなどが挙げられます。

実際に依頼者からよく寄せる質問を載せることで、質の高いQ&Aにすることができます。

>>ランディングページ(LP)の構成要素をまとめました『鉄板要素はコレだ!』






まとめ


今回の、まとめは以下になります。

建設会社LP(ランディングページ)の役割は、
①ユーザーがこの会社に依頼したいと感じる「メリット」を知ってもらう
②ユーザーを「お問い合わせ」や「お申し込み」などに誘導する

建設会社LP(ランディングページ)制作における4つのポイントは、
①ファーストビューを重要視する
②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容(無ければ、魅力的なパワーワード)を盛り込む
③こだわりや、サービスの特徴などを分かりやすく説明する
④よくある質問を取り入れて、内容の不備を補う


以上が、今回のまとめになります。

コンバージョンアップに向けて、ぜひ今回の内容を取り入れてみてください。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!