【スポーツジム】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント



本記事の内容は、

・スポーツジムLPの役割を知りたい
・スポーツジムLPの制作ポイントを知りたい



こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【スポーツジム】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント






スポーツジムLP(ランディングページ)の役割


スポーツジムにおける、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①ユーザーに、このスポーツジムを利用する「メリット」を知ってもらう

スポーツジムについて調べているユーザーは、月に数回通いたい、定期的に通いたい、単純に興味があるだけなど様々な目的があります。

色々なスポーツジムのサイトを見て、比較検討しているユーザーもいるはずです。
そんなユーザーに対して、このスポーツジムを利用するメリットを伝えることが大切です。

売りポイントとなる点を明確にし、他社との比較表などを入れると分かりやすくなります。

例えば、料金・営業時間・トレーナーの質・利用設備などユーザーが知りたいと感じる情報をまとめ、自社ならではの強みをアピールしていきましょう。


②ユーザーを店舗へ誘導する

LP(ランディングページ)は、ある目的を設定して制作します。
それが例えば、お問い合わせだったり資料請求など業種や内容により変わってきます。

スポーツジムLPの場合は、店舗へユーザーを誘導することが大きな役割となります。
LP(ランディングページ)により、ある目的を果たすことをコンバージョンと言います。

コンバージョンにより繋げていくためには、ユーザーのターゲットを明確にして適切な訴求をしていくことが大切です。

スポーツジムを利用する人にも様々なパターンがあるかと思います。
例えば、本気で痩せるためにトレーナーを付けてトレーニングしたい人、運動不足解消のために自分のペースで通いながらトレーニングしたい人、前者後者ではまったく目的が異なります。

どこが強みで、どういったユーザーの悩みを解決できるのかを明確にしてからLP(ランディングページ)を作ることが大切です。

ターゲット設定については、ぜひこちらの記事をご参考にしてください。
>>【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説



スポーツジムLP(ランディングページ)制作の4つのポイント


スポーツジムLPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ジムの属性に合わせてLPを作る

スポーツジムには様々なカテゴリーがあり、パーソナルジム・フィットネス専用ジム、ボクシングジムなどに分けられます。

どのタイプのジムなのかを把握し、それに沿ったコンテンツ作成をしていくことが重要になります。

例えばフィットネスジムの場合は、24時間営業・インストラクターの質などを上げながら、独自の強みをアピールしていくのが効果的です。

店の属性に合わせて、適した訴求ポイントを充てていきましょう。


②ファーストビューには運動している人物・ジムの写真を入れる(フリー素材可)

LP(ランディングページ)を開いた際に、一番最初に見える部分がファーストビューになるため、ここが魅力的であることがとても重要です。

一目で何のLP(ランディングページ)なのかが分かる様に、ジムで運動している人物写真を入れましょう。

また、キャッチコピー・店舗名・コンバージョンボタン(お問い合わせボタン)も合わせて入れていきましょう。

キャッチコピー作成方法については、ぜひこちらの記事をご参考にしてください。
>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!


③お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容(無ければ、魅力的なパワーワード)を盛り込む

LP(ランディングページ)はキャンペーンの時期に合わせて公開されることが多く、入会キャンペーン・無料体験・Web限定割引などを軸にコンバージョンへ繋げていくと効果的です。

また、無料・限定・割引・期間限定など、ユーザーにとって嬉しいパワーワードをお申し込みボタン周辺に入れることもコンバージョンに繋がりやすくなる方法です。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


④お客様の声を入れて、ユーザーの興味を引く

論より証拠というように、いくらメリットを説明するよりも、実際の利用者の声を聞いた方が信頼しやすい傾向にあります。

ジムを利用する前と利用し始めた後で、どんな変化や成長があったのかをストーリー仕立てで紹介することで、ユーザーに共感してもらいやすくなります。(心理学用語では、ストーリーテリングとも言います。)
>>【LP制作】LP(ランディングページ)に必要なストーリー設計を解説






まとめ


今回の、まとめは以下になります。


スポーツジムLP(ランディングページ)の役割は、
①ユーザーに、このスポーツジムを利用する「メリット」を知ってもらう
②ユーザーを店舗へ誘導する

スポーツジムLP(ランディングページ)制作における4つのポイントは、
①ジムの属性に合わせてLPを作る
②ファーストビューには運動している人物・ジムの写真を入れる(フリー素材可)
③お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容(無ければ、魅力的なパワーワード)を盛り込む
④お客様の声を入れて、ユーザーの興味を引く


以上が、今回のまとめになります。

スポーツジムLPのコンバージョンアップに向けて、今回の内容を取り入れていきましょう。


こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!