【学習塾】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・学習塾LPの役割を知りたい
・学習塾LPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【学習塾】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント





学習塾LP(ランディングページ)の役割


学習塾における、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①ユーザーに、この学習塾を利用したいと思って貰える様な「メリット」を理解してもらう

LP(ランディングページ)で上手くコンバージョンに繋げる為には、ユーザーにこの学習塾を選ぶ「メリット」を理解して貰う必要があります。

例えば学習塾を探している親御さんがいた場合、「進学実績」「講師の実績」「生徒の成績アップ実績」などを載せ、ここに任せたら大丈夫そうだなという需要に合わせたメリットを示すことが大切です。


②お問い合わせや無料体験授業など、コンバージョンへ誘導する

LP(ランディングページ)は、お問い合わせや無料体験授業といった目的にユーザーを誘導することが大きな役割で、それをコンバージョンと言います。
コンバージョンへと繋げるためには、ユーザーの心理を考え、コンテンツを適切に置いていくことが大切です。

>>【LP制作】LP(ランディングページ)に必要なストーリー設計を解説

例えば、学習塾LPの目的は「お問い合わせ」「お申込み」「資料請求」「体験授業」などが挙げられ、目的をどれか一つに絞ってLP(ランディングページ)を作る様にしましょう!


学習塾LP(ランディングページ)制作の5つのポイント


学習塾LPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ファーストビューが大事!塾のイメージや魅力が伝わるコピーを配置させる

LP(ランディングページ)におけるファーストビューは、ユーザーがページを訪れて最初に見える部分になり、最も重要です。

訪問したユーザーへ、興味・関心を引きつけられなければ、あっという間に離脱されてしまいます。

ファーストビューの写真には、塾のイメージが伝わる写真・生徒が学習している写真(フリー素材OK)を使用し、ユーザーにイメージを想起させられる様にしましょう。

またキャッチコピーはかなり重要となります。
学習塾LPの場合、例えば「成績が〇%アップ!」「トップ校に合格!」「勉強嫌いなウチの子がやる気を出した!」など、具体的な数字や実績を載せたり、どんな未来になるかを想起させるコピーが効果的です。


>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!

②お問い合わせボタン周辺に、キャンペーン内容(無ければ、魅力的なパワーワード)を盛り込む

コンバージョンに繋げていく上で、お問い合わせボタン周辺に実施しているキャンペーン内容や、無ければ魅力的なパワーワード(無料、限定)を入れると効果的です。

学習塾LPの場合は、「無料体験授業」「無料相談」などが挙げられます。

また、電話でのお申込みや質問を受け付けている場合は、ボタン周辺に電話番号を記載したり、スマホの場合は直接タップでかけられる様にするとコンバージョンに繋げやすくなります。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


③お悩み訴求で、まずはユーザーが抱えている問題や悩みを提起する

「こんなお悩みありませんか?」といったお悩み訴求は、LP(ランディングページ)では鉄板の構成要素になります。

初めの方で、いくつか提示して挙げて共感を誘うことで、後の部分も読んでもらえる可能性が高くなります。

学習塾の場合、例えば「受験勉強が一人だと全く進まない」「学習効率を上げて、成績をアップさせたい」「志望校に受かりたい」などが挙げられます。

「志望校に受かりたい」のように、悩みだけではなく願望を入れても大丈夫です。

ただ意識すべき点として、LP(ランディングページ)のターゲットを明確にする必要があります。

LP(ランディングページ)を親御さんが見るという設定の場合は「子供の成績が全然伸びない」など親御さん目線で書く必要があり、生徒さんが見るという場合は「志望校に受かりたい」という様に生徒目線で書く必要があります。

>>【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説


④成績アップの数値や点数を提示しながら、アップする秘訣や塾の教え方を論理立てて解説する

実際に学習塾を利用したいと考える一番の要因は何と言っても「成績を伸ばすこと」だと思います。

その成績アップを大きく取り上げて、説明することが大事です。
なぜこの学習塾を利用することで成績アップすることができるのか、どういう学習方法を取り入れているのか、どんな講師が教えているのか、実際どれくらい成績がアップした事例があるのかといった部分がユーザーが一番知りたい部分になります。

写真や図を入れたりなど、誰が見ても分かりやすいように説明する工夫も大切です。


⑤よくある質問を入れて、情報の不備を補う

よくある質問もLP(ランディングページ)内では、鉄板の要素になります。

LP(ランディングページ)の前半で学習塾の内容を説明してきた上で、後半によくある質問を入れて情報の不備を補うようなイメージです。

実際によくされる質問を項目に入れておくことで、質の高いQ&Aにすることが出来ます。

学習塾の場合、例えば「指導の流れ」「お申し込み後の流れ」「講習費」などが挙げられます。





まとめ


今回の、まとめは以下になります。

学習塾LP(ランディングページにおける役割は、
①ユーザーに、この学習塾を利用したいと思って貰える様な「メリット」を理解してもらう
②お問い合わせや無料体験授業など、コンバージョンへ誘導する

学習塾LP(ランディングページ)制作における5つのポイントは、
①ファーストビューで塾のイメージや魅力が伝わるコピーを配置させる
②お問い合わせボタン周辺に、キャンペーン内容(無ければ、魅力的なパワーワード)を盛り込む
③お悩み訴求で、まずはユーザーが抱えている問題や悩みを提起する
④成績アップの数値や点数を提示しながら、アップする秘訣や塾の教え方を論理立てて解説する
⑤よくある質問を入れて、情報の不備を補う


以上が、今回のまとめになります。

学習塾LP(ランディングページ)では、塾の雰囲気を想起させるイメージ写真を使ったり成績アップの実績などを載せて、この塾を利用したいと思ってもらえる様にすることでコンバージョンアップに繋がりやすくなります。
今回の記事を参考にコンバージョンアップに繋がるLP(ランディングページ)を制作していきましょう!

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!