【不動産】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・不動産LPの役割を知りたい
・不動産LPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【不動産】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント






不動産LP(ランディングページ)の役割


不動産会社における、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①ユーザーにこの会社を選ぶことによる「メリット」を知ってもらう

自社を選ぶことによるメリットをきちんと訴求しましょう。

ユーザーは失敗や損をしたくないという心理から、複数のページを参照し、比較検討をしている可能性が高いです。

物件を選ぶ際に、ユーザーが意識している点や悩みを把握し、的確な訴求が出来れば興味を持ってもらえる可能性が高まります。
例えば「仲介手数料の安さ」「当社ならではの強み」など、他社よりも明確な強みがあることをアピールしましょう。

LP(ランディングページ)は、よく営業マンに例えられたりします。
Web上で、ユーザーに対し商品やサービスの魅力を伝え、コンバージョンへと繋げることが役割となります。


②資料請求や内見予約など、敷居を下げてまずはお問い合わせをしてもらう

ユーザーに興味を持ってもらい、最終的にはお問い合わせに繋げることがLP(ランディングページ)の役割です。

不動産会社LPの場合は、「資料請求」「内見予約」を目的として、興味を持ってもらったユーザーにまずはお問い合わせ(アクション)をしてもらうことで、最終的な購入や投資に繋がる導線を作りましょう。


不動産LP(ランディングページ)制作の4つのポイント


不動産LPを制作する際のポイントを解説していきます。


①ファーストビューで、自社ならではの強みや訴求ポイントをキャッチコピーにする

LP(ランディングページ)の中でも、最重要なのはファーストビューです。
ユーザーは3秒以内にページに留まるか離れるかを決めていると言われています。

ユーザーにスクロールして下も読んでみたいと思われる様にするためには、ファーストビューでいかに興味を引かせられるかがポイントになります。

変に分かりづらいコピーよりも、内容がシンプルで伝わりやすいものにしましょう。

写真も、実際に取り扱っている物件の外装や内装など、こんな所に住みたいと思われるような連想させる写真を使うと効果的です。


②お問い合わせを増やすために、お問い合わせボタン周辺にキャンペーン内容を盛り込む

ユーザーがお問い合わせをすることにメリットを感じられる様、アクション導線(ボタン周辺)に、取り組んでいるキャンペーン内容を入れましょう。

例えば、「期間限定!無料相談実施中」「仲介手数料が今だけ無料」といった期間限定感を出すと効果的です。

今お問い合わせしなければ、今後このメリットは得られないかもしれない…とユーザーに思わせることが出来れら、コンバージョンの可能性が高まります。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


③お問い合わせからご契約までの流れを見せる

LP(ランディングページ)に載せるコンテンツとして、「ご利用の流れ」という項目は比較的取り入れたい(おすすめ)要素になります。

>>ランディングページ(LP)の構成要素をまとめました『鉄板要素はコレだ!』

実際の流れを知ることで、イメージしやすくなり安心感に繋がります。

初心者の方が見ても分かりやすい様に、専門用語には説明書きを加えたり、フリガナを振るなどの配慮も大切です。


④よくある質問でユーザーが抱く疑問を解決させて、情報の不備を補う

「ご利用の流れ」と同様に、「よくある質問」もLP(ランディングページ)に入れるおすすめの要素になります。

実際にLP(ランディングページ)を読んでも、ユーザーは様々な疑問が残っている可能性があります。
よくある質問では、そのユーザーの疑問を解決してあげることで、よりLP(ランディングページ)の質が高まります。

よくある質問では、過去の取引などを思い返し、実際にユーザーからよくもらう質問を載せることが大切です。
誰かが抱えた疑問は他の人にも当てはまる可能性が高く、より多くの人に疑問を解決してもらいやすくなるからです。





まとめ


今回の、まとめは以下になります。

・不動産LP(ランディングページ)の役割は、
①ユーザーにこの会社を選ぶことによる「メリット」を知ってもらう
②資料請求や内見予約など、敷居を下げてまずはお問い合わせをしてもらう

・不動産LP制作のポイントは、
①ファーストビューで、自社ならではの強みや訴求ポイントをキャッチコピーにする
②お問い合わせを増やすために、お問い合わせボタン周辺にキャンペーン内容を盛り込む
③お問い合わせからご契約までの流れを見せる
④よくある質問でユーザーが抱く疑問を解決させて、情報の不備を補う


以上が、今回のまとめになります。

ユーザーにとって必要な情報を的確に捉え、自社の強みや訴求ポイントをLP(ランディングページ)内でアピールしていくことが、コンバージョンアップに繋がる上で大切です!

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!