【今更聞けない】LP(ランディングページ)とバナーの違いについて解説


本記事の内容は、

・LP(ランディングページ)とバナーってどう違うの?
・LP(ランディングページ)とバナーで出来ることの違いって何?


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【今更聞けない】LP(ランディングページ)とバナーの違いについて解説






LP(ランディングページ)とバナーの違いについて解説


LP(ランディングページ)とは、商品を販売したり、サービスのお問い合わせを増やすための縦長ページです。
ページ内で、商品やサービスの魅力を伝え、興味を持ってもらったユーザーにアクション(購入やお問い合わせ)をしてもらう事が目的です。

以下の記事でもLP(ランディングページ)について解説しています。↓



では、バナーとは何でしょうか?

バナーとは、バナー広告とも呼ばれますが、商品やサービスを宣伝する為の広告で、販売ページ(主にLP)へのリンクが貼られています
バナーは、形が横長のものや、縦長のもの、正方形に近いものなど色んな形があります。

サイトを訪れた際に、段落の間に挟まれていたり、サイドバーに貼ってあるなど、誰もが一度は目にしたことがあると思います。


バナーからLP(ランディングページ)に飛ばす


主な使い方として、バナー広告からLP(ランディングページ)へ飛ばすというのが一般的な流れとなります。

バナー広告を貼る場所は様々で、サイト内などのWebページや、FacebookやTwitterといったSNSなど、用途や目的に応じて適切なユーザーが居そうな場所に貼るのが大切です。

そして、バナー広告から入ってきたユーザーが一番最初に訪れるページ(ランディングページ=着地するページ)となります。

バナー広告は、リスティング広告に比べると、アクティブ(見込み度の高い)ユーザーを得られる確率が低いです。
なぜなら、あなたも経験があるとは思いますが、サイト上にある広告を自らクリックすること自体が少ないからです。
サイトやSNSを眺めているときに、サラっと目に入るくらいの程度だと思います。

よっぽど興味のあることや、自分に関係することじゃないと、バナーを踏んでもらう事は難しいです。





リスティング広告からLP(ランディングページ)へ飛ばすのがおすすめな理由



リスティング広告は、アクティブな(見込み度の高い)ユーザーを得られる可能性が高いと言えます。
なぜなら、キーワードを検索する⇒興味があるジャンルということになります。

例えば「ダイエット 商品 おすすめ」と調べている人は、他のユーザーに比べて、ダイエット商品を購入したいけど、どれが良いか悩んでいるユーザーということになります。

購入を検討しているということで、そのユーザーがLP(ランディングページ)を訪れれば、購入してくれる可能性が他のユーザーよりも高めです。

このように、アクティブなユーザーへ直接アピールできるので、リスティング広告×LP(ランディングページ)は相性が良いと言えます。

こちらの記事でも、リスティング広告について解説しています。↓




まとめ



今回の、まとめは以下になります。

・LP(ランディングページ)とは、商品を販売したり、サービスのお問い合わせを増やすための縦長ページ。
・バナーとは、バナー広告とも呼ばれ、商品やサービスを宣伝する為の広告で、販売ページ(主にLP)へのリンクが貼られているもの。形は、横長や縦長など様々。
・バナー広告からLP(ランディングページ)へ飛ばすというのが一般的な流れ
・リスティング広告からLP(ランディングページ)へ飛ばすのがおすすめ


以上が、今回のまとめになります。
バナー広告やリスティング広告の特徴を抑えて、ベストな方法でユーザーをLP(ランディングページ)へと流していきましょう!

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!