【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説


本記事の内容は、

・ターゲットを決めると何がどう良いの?
・LP(ランディングぺージ)のターゲットはどうやって決めたらいいの?
・ペルソナはどうする?


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【重要】LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定について解説






LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定



ターゲットのニーズを調べる

LP(ランディングページ)を制作する前に、ユーザーがどんな悩みや問題を抱えているのかを知る必要があります。

ターゲットニーズを調べる方法手順は以下になります。

・直接お客さんに聞く
・検索ツールで調べる
・ネットで調べる


直接お客さんに聞く

購入前にあった悩みや、購入を決意した理由などをアンケート等で直接聞く方法です。
ダイレクトな悩みを知ることで、何がユーザーにとって刺さるのか明確になります。

私は、実際にご購入頂いたお客様に、下記の様なアンケートを取らせて頂いてます。


検索ツールで調べる

キーワードの関連ワードを調べる方法です。
らっこキーワードが便利です。
例えば、ランディングページで検索すると、このような関連ワードが出てきます。
サジェストと呼ばれる、よりキーワードに直結した需要の高いワードからユーザーのニーズを調べることが可能です。



ネットで調べる

Amazonのレビューや口コミサイトなど、ユーザーの感想が載せられたサイトを上手く活用する方法です。
また、Googleから提供されている無料の「キーワードプランナー」を使うと、月間の検索数を調べることができます。
検索ボリュームを知ることで、どれくらいのニーズがあるかを見る事ができます。


ペルソナを設定する

ペルソナとは、架空の顧客モデルです。
設定人物を作ることで、より一個人に向けた発信が出来るようになり、刺さりやすいLP(ランディングページ)を作ることが出来ます。

ペルソナ設定の項目は以下の様なものです。

・年齢
・性別
・職業
・年収
・抱えている悩み
・どうなりたいと思っているのか





商品主体で書かれたLP(ランディングページ)ではダメな理由


商品の良さを伝えることばかりが先行してしまうと、お客さんの気持ちを置いてけぼりにしてしまいかねません。
そうならない為に、お客さんが欲しい情報を書く必要があります。
商品やサービスのどういった価値がお客さんの為になるのか、その信頼性はどれほどあるのかといったことなどを書くことが重要です。


まとめ


今回の、LP(ランディングページ)を制作する前に重要なターゲット設定についてのまとめは以下になります。

・ユーザーが抱えている悩みや問題を知る方法は以下の3つ
-直接お客さんに聞く
-検索ツールで調べる
-ネットで調べる

・ペルソナを設定する
-年齢
-性別
-職業
-年収
-抱えている悩み
-どうなりたいと思っているのか

・お客さんが欲しい情報を書く


以上が、今回のまとめになります。
LP(ランディングページ)制作の前に、きちんとターゲットを明確にして、刺さるLP(ランディングページ)が出来る様にしましょう。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!