【無料】サイト型LP(ランディングページ)を簡単に作成できるJimdo(ジンドゥー)を解説


本記事の内容は、

・簡単にサイト型LP(ランディングページ)を作成したい
・まずは無料作成を試せるサイト型LP(ランディングページ)作成ツールを知りたい
・Jimdo(ジンドゥー)って聞いたことあるけど、どんなサイトが作れるのか知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【無料】サイト型LP(ランディングページ)を簡単に作成できるJimdo(ジンドゥー)を解説



【無料】サイト型LP(ランディングページ)を簡単に作成できるJimdo(ジンドゥー)を解説

ホームページ作成ソフト【ジンドゥー】


Jimdo(ジンドゥー)でどんなものが作れるの?

初めに、私が独立した当初に集客用サイト型LPとして制作したものがこちらになります↓

https://oceandesign.jimdosite.com

AIビルダー(プログラミング不要で簡単に作成できる)プランを選択しました。
ブロック要素を配置していくだけでサイトを簡単に構築することが出来ます。

以前は独自ドメインを取得して、サイト運営をしておりましたが、メインサイトをワードプレスに移行した為、こちらはプランをフリープランに落とし現在は使っておりません。
サイト構築自体はワードプレスよりも断然簡単です。

お問い合わせフォームも簡単に作成することができます。
また、プランによってはSEO対策も簡単に設定することが出来ます
ただSEO対策が出来るとは言っても、必要最低限の部分といった感じで、それだけでドメインパワー(検索エンジンからの評価)が上がるかと言われればかなり厳しいとは思います。

簡単にサイト作成ができる+必要最低限のSEO対策も出来る

といった感じになります。

Jimdoの料金プランは?

料金プランは以下になります。

ジンドゥーAIビルダー(月額換算、年額請求)
・PLAY:0円
・START:990円
・GROW:1590円


ジンドゥークリエイター(月額換算、年額請求)

・FREE:0円
・PRO:965円
・BUSINESS:2460円
・SEO PLUS:4110円
・PLATINUM:5190円


詳しいプラン内容については、ジンドゥー公式HPよりご確認ください。↓

ホームページ作成ソフト【ジンドゥー】



ページ作成画面をお見せします(Aiビルダー)

実際に私が作成したページの、作成画面をお見せいたします。


ブロック追加から構成要素を作成できます。



左の赤枠の部分から、好きな要素を選んで配置することができます。
様々な要素を追加することができます。



ナビゲーションを選択すると、ページ追加や非表示、順序変更などをすることができます。




とてもシンプルな作成画面で、誰でも簡単に制作できるのがAIビルダーになります。


まとめ


今回は、サイト型LP(ランディングページ)を簡単に無料作成できるJimdo(ジンドゥー)について解説をいたしました。
本記事が少しでもLP(ランディングページ)を自作したいと思ってる方のご参考になりましたら幸いです。


ありえないほど簡単にホームページができる【ジンドゥー】



また他にも、ペライチを使ったLP(ランディングページ)無料作成方法についてもこちらの記事で解説しておりますので、ご興味がある方はぜひ比較してみてください!↓



こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!