LP(ランディングページ)ってどこに載せるの?制作者はどこで探す?


本記事の内容は、

・LP(ランディングページ)を載せる場所を知りたい
・LP(ランディングページ)の制作者はどこで探す?


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

LP(ランディングページ)ってどこに載せるの?制作者はどこで探す?





LP(ランディングページ)を載せる場所はどこ?


LP(ランディングページ)を載せる場所は、主にネット広告になります。
リスティング広告とも呼ばれる、インターネット上の広告サービスを利用します。
代表的なのは、Yahoo!の検索広告やGoogleの検索広告です。

検索広告は、検索した際に広告として表示されるものです。

こちらの記事でも詳しく解説しています。↓



他にも、SNSを使った広告で載せる方法もあります。
Facebook広告や、インスタ広告といった今多くの人が利用しているSNSを使いLP(ランディングページ)を広めることができます。




LP(ランディングページ)制作の制作者はどこで探す?


LP(ランディングページ)制作の制作者を探す場所は大きく3つあります。

・インターネット上(検索)
・クラウドソーシングサイト(ココナラ、croudworks、ランサーズ等)
・SNS上(Facebook、インスタグラム、Twitter等)


<それぞれの特徴>

インターネット検索で見つかる制作者は、制作会社が多く、実績が高い分費用も相場的には高めです。

クラウドソーシングサイトやSNSで見つかる制作者は、個人やフリーランスとして制作している人が多く、価格はピンキリで、クオリティも幅があります。


>>ココナラ無料会員登録はこちら


まとめ


今回の記事のまとめは以下になります。

・LP(ランディングページ)を載せる場所は、主にネット広告(検索広告や、SNS広告)
・LP(ランディングページ)の制作者を探す場所は、大きく3つ
-インターネット上(検索広告)
-クラウドソーシングサイト
-SNS上(Facebook、インスタグラム、Twitter等)


以上が、今回のまとめになります。
LP(ランディングページ)の運用をこれから始めてみたいという方に少しでも本記事が参考になれば幸いです。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!