LP(ランディングページ)の役割とは?出来る事って何?分かりやすく解説!


本記事の内容は、

・LP(ランディングページ)の役割について知りたい
・LP(ランディングページ)で出来る事は何?
・ホームページとの違いは?


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

LP(ランディングページ)の役割とは?出来る事って何?分かりやすく解説!





LP(ランディングぺージ)の役割とは?


LP(ランディングページ)の役割とは、ユーザーにサービスや商品の魅力を伝えたり、商品説明や教育を行った上でユーザーの購買意欲が高まった状態にし、お問い合わせや購入に繋げるということです。


LP(ランディングページ)とは?↓ (こちらにも分かりやすく記載しております)



LP(ランディングページ)で出来る事とは?



LP(ランディングページ)で出来る事は、見込み度の高いユーザーに対して、縦長1ページを使って他のページに遷移させる隙を与えずに、購買意欲を一気に高めて勢いで申し込ませることです。

Webを使った広告のうち、特に検索広告(検索した時に広告と表示がついて結果に出るもの)はLP(ランディングページ)と相性が良いとされています。


検索をするユーザー=少なからず『そのキーワードに関心があるユーザー(見込み度が高いユーザー)』となり、キーワードを絞り込むことによって更に精度を上げることができます。

1ページにする事で、他のページに遷移させるのを防ぐことができ、離脱率低下に繋がります。




ホームページとの違いとは?


ホームページとの違いとは、ページの構成によるものです。
ホームページは、複数のページから成り立っているのに対して、LP(ランディングページ)は大抵1ページで構成されています。

複数のページから成るホームページで商品を売ろうとした場合、1ページから成るLP(ランディングページ)よりも、ユーザーが他のページに遷移してしまう可能性があります。

SEOの観点で言えば、ホームページの方が中長期的に見て有利に働きますが、短期で勝負をかけたい場合は、即効性の高いLP(ランディングページ)が向きになります。

ホームページを育てつつ、育つまではLP(ランディングページ)を使ったWeb集客を行うといった方法も取れます。


まとめ


今回の、LP(ランディングページ)の役割・出来る事のまとめは以下になります。

・LP(ランディングページ)の役割は、ユーザーにサービスや商品の魅力を伝えたり、商品説明や教育を行った上でユーザーの購買意欲が高まった状態にし、お問い合わせや購入に繋げること。
・LP(ランディングページ)で出来る事は、見込み度の高いユーザーに対して、縦長1ページを使って他のページに遷移させる隙を与えずに、購買意欲を一気に高めて勢いで申し込ませること。
・ホームページとの違いは、ページの構成による違い(複数から成るホームページに対し、大抵1ページから成るLP)やSEO対策を施していけるといったこと。


以上が、今回のまとめになります。
LP(ランディングページ)の役割や性質を理解する事は、売上アップに繋げるためにとても重要です。
もし、LP(ランディングページ)についてもっと理解を深めたいと考えられましたら、他の記事も参考にして頂けると幸いです。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!