LP(ランディングページ)集客の目的や方法とは?


本記事の内容は、

・ランディングページを使った集客方法について知りたい
・Webサイトとランディングページはどう違うの?
・ランディングページを制作する目的やメリットって?


こういった疑問にお答えします。


本記事のテーマ

LP(ランディングページ)集客の目的や方法とは?





LP(ランディングページ)集客の目的や方法とは?


LP(ランディングページ)とはそもそも何ぞや?

LP(ランディングページ)は、縦長の1ページを使用し、商品やサービスを魅力的に紹介することで、ここからお問い合わせに繋げたり商品を売るための導線作りのページです。
ランディング=着地 という意味からも、まずはお客さんをこのページに着地させて、そこからアクション (購入やお問い合わせ等) に繋げていく流れになります。


こちらの記事でも詳しく解説しております↓

初心者の方にも分かりやすく、ランディングページ(LP)とは何か解説しました


LP(ランディングページ)集客の目的とは?

LP(ランディングページ)の目的は、サービスの売上アップや反応アップを実現させることです。

実際のお店で例えると、お店(LP)にやってきたお客様(ユーザー)にLPが営業係となって様々な説明をします。優秀な営業マン(LP)ほど多くの商品を売り、売上に貢献してくれます。


Web上で集客を行う場合は、人と直接顔を合わせて説明をすることは出来ないので、LPに書かれた文章や写真がどれだけ分かり易く、魅力を伝えられるかが重要です。



LP(ランディングページ)を使った集客方法手順

①市場を分析する (ターゲットニーズリサーチ)


ターゲットニーズリサーチ:その名の通り、ターゲットのニーズをリサーチします。

方法は以下の様なものになります。

-検索ツール(キーワードリサーチツール)を使ったターゲットニーズリサーチ
 サジェスト(検索候補)を見る。
 サジェスト(検索候補)から需要のありそうなキーワードを探す。
 悩みや問題を明確にして、解決策をコンテンツとする。
-直接お客さんに悩みや問題を聞き、明確化する


②LP(ランディングページ)を制作する

実際に①で行った市場分析を元にLPを作成していきます。
LP制作では、リサーチと設計で8割と言われてるほど、①の分析が大事です。
分析がしっかり出来ているほど、LPに記載する内容がある程度固まってきます。
その為、まずはしっかりと分析を行い、ターゲットへ訴求する内容を明確にした上で制作に入って行きます。


LPの制作手段に関しては、こちらの記事に記載しております↓

ランディングページ(LP) の作り方(手段)をまとめました!


③市場に合った方法でLP(ランディングページ)を運用する

LPは基本的に、Web上で広告を使用して運用していきます。
LPは、能動的に検索をしているユーザーに対して表示させる「検索広告」などで強みを発揮すると言われています。
また、人が常に持つ欲求やニーズに訴求する場合は能動的な検索広告ではなく受動的なSNS(FacebookやTwitter)広告でも効果を発揮しやすいと言われています。

これらを踏まえた上で、商品やサービスにあったユーザーがいそうな媒体や方法でLPを運用していくと効果が見込めると思います。

リスティング広告を利用したLPの運用方法についてはこちらの記事に記載しております↓

ランディングページ(LP)×リスティング広告について分かりやすくまとめました


④分析・改善を繰り返す

実際にLPを運用する中で、いきなり最初から効果が見込めるのは少ないかもしれません。そのため、徐々に改善を繰り返したり、ABテスト(テキストや写真を替えてみて、反応率を見る)を行ったりして、LPの効果を高めていくことが大切です。


LP(ランディングページ)のメリットとは?

LP(ランディングページ)のメリットは、既に購買意欲が高まっているユーザーにダイレクトに訴求することを得意としていることです。購入意欲のあるユーザーに対して「今買わなきゃ行けない理由」を教育して購入に繋げます。

また、LPは最も構築のスピードが早く、最も早くお金に変えることが出来る上に、最も早くWebページの良し悪しを判断できるというメリットもあります。

更に、縦長1ページなので、訴求方法による購入率の違いを見ることも得意です。訴求軸を変えて最も反応の取れる訴求を見つけるテストサイクルを早く回し、的確な訴求方法を探ることができます。

以上がLP(ランディングページ)の代表的なメリットになります。




WebサイトとLP(ランディングページ)の違いとは?

Webサイトは、基本的に複数のページから構成されているのに対して、LP(ランディングページ)は縦長1ページから構成されます。
サイト型のLPもあり、その場合は複数のページから構成されています。
複数のページから構成されるWebサイトは、中長期的に見たときにSEOで検索順位を上げる事で、広告費を使わずに集客が出来るといったメリットがあります。
ただWebサイトは制作やSEOにも時間がかかる上、費用もLPに比べ高い傾向にあり、短期的に即効性を発揮するにはLPの方が効果的です。


まとめ

今回は、LP(ランディングページ)集客の目的や方法、メリットについて解説致しました。
LPはWeb集客における代表的な方法でもあるため、もしWeb上で集客を行いたい方はぜひ検討してみることをオススメ致します。
また、私の方でもLP制作に関するご相談を承っておりますので、いつでもご相談下さい!



今回は、LP(ランディングページ)集客の目的や方法、メリットについて解説致しました。
LPはWeb集客における代表的な方法でもあるため、もしWeb上で集客を行いたい方はぜひ検討してみることをオススメ致します。
また、私の方でもLP制作に関するご相談を承っておりますので、いつでもご相談下さい!




OceanDesign 「売れる・反応アップ」を重視したランディングページ(LP)制作のご依頼・ご相談はこちらから↓