ランディングページ(LP)の費用・料金相場について解説しました

全33社+αを調査しました

本記事の内容は、

・ランディングページの制作ってどのくらい費用がかかるの?
・ランディングページの料金相場を知りたい

こういった疑問についてお答えいたします。




ランディングページ(LP)の費用・料金相場について解説しました


ランディングページの費用

ランディングページの費用は、最低ラインが大体10万円前後のところが多い印象です。
その上の価格だと、20~40万円、高い所だと50万円以上の費用で制作している所もあります。

ココナラでは、10万円以下でもランディングページを制作している方が多く、安くても質の良いランディングページを制作される方が多い印象です。

ただ、安さ目当てで制作する上での注意点として、きちんとLPとして成り立っているかどうかが需要です。また、サービス内容にレスポンシブ対応やコーディング費用が含まれているかどうかなど、きちんと把握する必要があります。デザイン制作のみの料金という可能性もある為です。

フリーランスといった個人でやられている方だと、比較的安い傾向にありそうですが、会社で制作している所だと費用は高めに設定されている場合が多いです。


ランディングページの料金相場

制作の平均相場は、10~40万円といったところでしょう。
各々の価格帯によってサービス内容や質が異なってくるので、価格帯別に特徴を説明していきます。


10万円以下

・フリーランスや個人事業の方が制作している
・まだ制作実績が浅く、価格がかなり安めに設定されている
・ココナラで多くみられる
・制作期間は約1ヵ月前後
・作業範囲は、デザイン設計のみが多い(コーディング別料金)
・原稿は、依頼者側が準備

制作資金が乏しく、とにかく安くLPを制作したい方向け

10~30万円

・フリーランスや制作会社が制作している
・一番オーソドックスな価格帯
・制作期間は約1ヵ月前後
・作業範囲は、デザイン設計~コーディング(レスポンシブ)
・原稿は、依頼者側が準備する事が多い

そこそこしっかりしたLPを制作してもらいたい方向け

30~50万円

・制作会社が制作している
・LPの制作実績が高く、高品質
・戦略設計やマーケティング視点から制作
・作業範囲は、ディレクション、デザイン設計~コーディング(レスポンシブ)
・原稿は、制作者側が準備することが多い

LPにとにかく力を注ぎたい方向け

50万円以上

・制作会社が制作している
・LPの制作実績が高く、高品質
・戦略設計やマーケティング視点から制作
・作業範囲は、ディレクション、デザイン設計~コーディング(レスポンシブ)、LPO(LP改善サービス追加)←追加費用あり
・原稿は、制作者側が準備する事が多い
・徹底的にコンバージョンを意識
・ノウハウが豊富

資金力が潤沢で、超本格的にWeb集客を行いたい方向け



まとめ

ランディングページは相場からも分かるように、費用はかなり高めです。
そのため、資金と相談しながら、制作者選びは慎重に行いましょう。
検討段階で、いくつかの制作会社をピックアップして比較検討しながら、完成後のデザインや実績等も加味して最適な制作者に依頼を行いましょう!