初心者の方にも分かりやすく、ランディングページ(LP)とは何か解説しました


本記事では、ランディングページ初心者の方向けに、

・ランディングページってそもそも何?
・ランディングページで何が出来るの?
・ホームページと何が違うの?
・SEO対策出来るの?

こういった疑問についてお答えいたします。




ランディングページ(LP)とは何か

ランディングページ(LP)とは、主に縦長1ページで構成され、商品やサービスを紹介し、売上アップやお問い合わせに繋げる為のクッション的な役割を果たすページのことをさします。

具体的なものは以下の様なものです。きっと見たことがある方が多いかと思います。


ランディングページで出来る事

ランディングページで出来ることは、ページを訪れた人に商品やサービスの魅力を存分に伝え、購買やお問い合わせに繋げるということです。


ホームページとの違い/強み

ホームページは、複数のページから構成されているのに対して、ランディングページは1枚で構成されています。1枚から構成されている分、ホームページの1ぺージに比べると長いものが多いのが特徴です。

ランディングページの強みは、より見込み度の高い顧客に対してアプローチが出来るということです。

ランディングページは、主にリスティング広告(ヤフー検索広告やGoogle検索広告)で運用され、あるキーワードで検索をかけたユーザーに対しその設定したキーワードが検索されると広告として表示させることができ、よりキーワードに興味を持った人にランディングページの内容を見せることが出来ます。




ランディングページのSEOについて

ランディングページは、そもそもSEOが弱い傾向にあります。

ブログなど、たくさんの記事を使って複数ページを構成しているホームページに対して、1枚のページからなるランディングページは情報量が少ないからです。

ランディングページはSEOに弱いため、リスティング広告での運用をすることが大半だと言えます。

もしSEOに強くしたいなら、サイト一体型のランディングページを作り、後々SEO対策としてブログや記事を増やしていくということも出来ます。



まとめ

-ランディングページとは、縦長1ページで構成され商品やサービスを紹介するページのこと

-ランディングページで出来ることは、ページを訪れた人に商品やサービスの魅力を伝えることで購買やお問い合わせに繋げられること

-ホームページとの違い/強みは、構成されるページの数がそれぞれ複数か一枚かという部分で、強みは、より見込み度の高い顧客に対してアプローチが出来るということ

-ランディングページのSEOは、弱い傾向にあるため、リスティング広告を使用した運用をすべきということ。もし、SEOに強いランディングページを作りたいなら、サイト一体型にすれば良いということ

LPによって、反応やお問い合わせに繋がる率が変わってくるため、高品質なLPを使いよりたくさんの集客が出来るようにしましょう!