【保険】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント


本記事の内容は、

・保険LPの役割を知りたい
・保険LPの制作ポイントを知りたい


こういった疑問やお悩みにお答えします。

本記事のテーマ

【保険】LP(ランディングページ)制作の役割&ポイント






保険LP(ランディングページ)の役割


保険における、LP(ランディングページ)の役割について理解することが、コンバージョンアップに繋げるためには重要です。

①保険を申し込むメリットをユーザーに知ってもらう

LP(ランディングページ)では新規顧客をターゲットとして、いかにメリットを訴求しユーザーに興味を持ってもらえるかが重要です。

例えば保険LPの場合、保障の充実度・保険料・サポート内容などが挙げられます。

ユーザーに安心な将来を想起させることが大切です。

>>LP(ランディングページ)の役割とは?出来る事って何?分かりやすく解説!


②ユーザーをお申し込みなどのコンバージョンへと繋げる

LP(ランディングページ)の主要な役割として、お申し込みなどのゴールへとユーザーを誘導する、いわゆるコンバージョンの役目があります。

保険LPの場合、資料請求無料相談の申し込みなどへと繋げるパターンが挙げられます。

新規ユーザーをターゲットに、コンバージョンへと上手く誘導する導線作りが重要になります。

>>【LP制作】LP(ランディングページ)に必要なストーリー設計を解説



保険LP(ランディングページ)制作の4つのポイント


保険LPを制作する際のポイントを解説していきます。

①ファーストビューが重要!メリットを訴求したコピーにする

LP(ランディングページ)を訪れた際に、一番最初に目に飛び込んでくるのがファーストビューになります。

ユーザーがページを訪れた際、3秒以内にページを離脱するか残るかを判断していると言われています。

そのためファーストビューは、一瞬でユーザーの興味を引く様な、魅力的な作りにすることが必要不可欠となります。

保険LPの場合、いかにユーザーにとって嬉しいメリットを訴求できるかが重要になります。

例えば、保険料が戻ってくる・月々〇円で手術費用を最大〇%保障!・保険のお悩みはプロへ相談で解決・契約件数〇年連続No.1など、具体的な数字や実績を入れるとより訴求力がアップし効果的です。

>>LP(ランディングページ)の売れるキャッチコピーの作り方を解説!


②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容を盛り込む

LP(ランディングページ)では、一般的に実施しているキャンペーンを軸としてコンバージョンへと繋げていきます。

例えば保険LPの場合、無料資料請求・ネット申し込み割引・無料相談などが挙げられます。

ターゲットとしているユーザーに、まずは資料を読んでみよう・話だけでも聞いてみようなど、一歩を踏み出させることが重要になります。

>>【LP制作】コンバージョンUPに最も繋がりやすいボタンのカラーは?【5つのポイントも解説】


③商品に関して、図やイラストを用いながら分かりやすく説明する

サービスに関してどんなものなのか、初心者目線になって分かりやすく説明するパートを設けることが大切です。

初心者にとって分かりづらい表現にしてしまうと、ページの離脱に繋がってしまう恐れがあります。

説明は文章だけではなく、効果的にイラストなどを用いるのがおすすめです。

例えば医療保険の場合、使わなかった保険料が戻ってくる・病気での入院、手術を総合的にカバー・保険料はずっと定額など、特徴を分かりやすく説明しましょう。

>>【解説】LP(ランディングページ)の最適な長さとは?



④よくある質問パートを入れ、内容の不備を補う

LP(ランディングページ)において鉄板要素の一つでもある「よくある質問」は、保険LPでもおすすめのコンテンツとなります。

後半パートに設けられることが多い「よくある質問」は、前半パートでは説明しきれなかった内容を、質問に答える形で補うことが出来ます。

実際によく聞かれる内容を項目に追加することで、質の高いQ&Aにすることができます。

例えば保険LPの場合、保険料をまとめて払うことはできるか・相談だけでも大丈夫か・主な保障内容はどんなものか・保険料の支払い方法は何があるかなどが挙げられます。

>>ランディングページ(LP)の構成要素をまとめました『鉄板要素はコレだ!』






まとめ


今回の、まとめは以下になります。

保険LP(ランディングページ)の役割は、
①保険を申し込むメリットをユーザーに知ってもらう
②ユーザーをお申し込みなどのコンバージョンへと繋げる

保険LP(ランディングページ)制作における4つのポイントは、
①ファーストビューが重要、メリットを訴求したコピーにする
②お申し込みボタン周辺に、キャンペーン内容を盛り込む
③商品に関して、図やイラストを用いながら分かりやすく説明する
④よくある質問パートを入れ、内容の不備を補う


以上が、今回のまとめになります。

コンバージョンアップに向けて、ぜひ今回の内容を参考程度に取り入れてみてください。

こちらの記事を最後まで、ご覧いただきありがとうございました!